We’d strongly like to make even a road of hope for children.

先生の紹介

  • HOME »
  • 先生の紹介

会の顧問の先生

大薗 恵一 先生 Ozono Keiichi

大阪大学大学院医学系研究科小児科学 ホームページはこちら

gazo大阪大学小児科の大薗恵一と申します。骨カルシウム疾患、内分泌疾患の診療を担当しています。
大阪府立母子保健総合医療センターの道上先生との共同で、低フォスファターゼ症の遺伝子診断を
しており、全国から月一回程度の頻度で検査の 依頼があります。
幹細胞移植や酵素補充療法等の新しい治療ができる時代が近づいています。
この会が、低フォスファターゼ症についての正しい情報の発信元と なるよう努力したいと思います。

低フォスファターゼ症の診察をされている先生

この病気の患者の方を診ていただいています。ご連絡をいただいた順に掲載させていただいています。

渡邉 淳 先生 Watanabe Atsushi

日本医科大学付属病院遺伝診療科 ホームページはこちら

gazo日本医科大学付属病院 遺伝診療科の渡邉です。遺伝診療(遺伝カウンセリング)や遺伝子診断に関わっています。
私たちの外来では、低フォスファターゼ症の方々、ご家族とお話する機会もあり、いろいろな面で気にかかっている点をお持ちであることを感じております。
医療者だけでは力不足を痛感する日々を過ごしており、ご家族間での交流を必要と感じ、貴会が立ち上がることを心待ちにしておりました。貴会の発展を期待するとともに、今後ともぜひよろしくお願いいたします。

新谷 誠康 先生 Shintani Seikou

東京歯科大学 水道橋病院 小児歯科 ホームページはこちら

gazo東京歯科大学水道橋病院小児歯科の新谷です。 2008年の3月まで大阪大学歯学部附属病院小児歯科でまひろ君の歯科治療に当たっておりましたが、同年4月にこの地に移って参りました。
低ホスファター ゼ症の患者さんの歯は、成人の歯周病のような症状を呈して、主に乳歯が早いうちから抜けてしまうのですが、この原因は歯の歯根の構造的な欠陥にあるため、 根本的に問題を解決する方法がありません。早く、医科的な新しい治療が始まり、歯科的な問題も緩和していくことを切に願っている次第です。
それでも、ご家族と協力して、できる限り歯を守り、口腔の機能を保つためのお手伝いをさせていただければと考えております。どうぞよろしくお願い致します。

竹谷 健 先生 Taketani Takeshi

島根大学附属病院 輸血部

gazo島根大学医学部附属病院輸血部と小児科に勤務しています、竹谷健と申します。
私は、低ホスファターゼ症の患者さんに対する治療研究を行っており、特に、細胞治療という方法で患者さんを救いたいと考えております。
現在、2010年7月より、「骨髄移植併用間葉系幹細胞移植」という治療を開始しています。この治療法は確立した治療ではありませんので、治療を行うに当たり十分な説明をさせて頂き、納得して頂いた上で治療を行っています。
患者さんに満足して頂ける治療法が確立できるよう、微力ながら今後も努力していくつもりです。どうぞよろしくお願いします。

岡田 賢 先生 Okada Satoshi

広島大学病院 小児科  ホームページはこちら

gazo広島大学病院 小児科の岡田 賢と申します。小児科外来では、おもに内分泌疾患の担当をしています。
また、遺伝子診療部に属して、遺伝カウンセリングに携わっています。
今回、周産期型の患者様を診療させていただく機会を得て、家族の抱える不安の大きさを実感しました。
そのようななかで小児科学会でこの会の活動を知り、非常に心強く感じました。
微力ではありますが、私にできることがありましたらご協力させていただきます。 今後とも、宜しくお願い致します。

望月 弘 先生  Mochizuki Hiroshi

埼玉県立小児医療センター 代謝内分泌科

gazo先生からのメッセージを依頼しています。しばらくお待ちください。

折茂 英生 先生 Orimo Hideo

日本医科大学

gazoEnobia社のホームページによりますと、今月、Enobia社の治験薬がアメリカの食品医薬品局からFast Trackに指定されました。これは早期に、優先的に審査を受けられるリストに指定されたことになります。治験についてもさらに進められていく模様です。
7月には新潟でALPS研究会が開催されます。これは低ホスファターゼ症だけの研究会ではなく、アルカリホスファターゼ(ALP)全体についての研究会ですが、低ホスファターゼ症に関連した研究発表も行われると予想されます。
ALP研究の推進が低ホスファターゼ症の治療に役立つことを信じて今後も研究を 行っていきたいと思います。(2009.5)

道上 敏美 先生 Michigami Toshimi

大阪府立母子保健総合医療センター 研究所 環境影響部門

gazoはじめまして。大阪府立母子保健総合医療センター 研究所 環境影響部門の道上です。
大阪府立母子保健総合医療センターは、大阪府和泉市にある周産期及び小児医療の専門病院です。
私はもともと小児科医で、以前、低フォスファターゼ症の患者 さんの診療にも携わっておりました。
現在は、当センター内の研究所で骨代謝の研究を行っており、全国の新生児科や小児科、整形外科の先生がたから御依頼を 受けて低フォスファターゼ症患者さんの遺伝子解析を行っております。
低フォスファターゼ症の診断やより良い治療の開発のために、患者さんやご家族の皆様と ともにがんばっていきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

織田 公光 先生 Oda Kimimits

新潟大学大学院 歯科総合研究科(歯科) 口腔生命科学専攻 口腔生化学

gazo新潟大歯学部に縁があって福岡市から移って以来、あっという間に16年が経過しました。
福岡大学医学部の基礎の研究室に所属してた時に胎盤型アルカリフォスファターゼの基礎研究に従事する機会があり、新潟では骨の研究が盛んだったこともあって、組織非特異型アルカリフォスファターゼの研究を 始めました。
もともとは薬学部出身ですので直接患者さんの診断や治療に御協力は出来ませんが、基礎分野の研究が何か少しでも将来診断、治療のお役に立てればと考えております。

五関 正江 先生 Goseki Masae

日本女子大学家政学部食物学科栄養学研究室

gazo日本女子大学家政学部食物学科栄養学研究室の五関正江と申します。
私は、1981年より東京医科歯科大学歯学部生化学教室において、骨や歯のアルカリホス ファターゼの研究(基礎研究から遺伝子診断、遺伝子解析など)を行い、1998年より現職についております。
今後も、低フォスファターゼ症の診断や治療に 役立つ研究を進められるように努力していきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ・寄付はこちらから

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
banner2
  • facebook

Face book

PAGETOP